洗剤の違いできれいになったキッチン汚れ

キッチンの、特にガスコンロの汚れが以前から気になっていました。拭き掃除などはしていたもののこびりついた汚れはなかなか取れず、つい見て見ぬ振りをしてしまっていたのです。その結果汚れは頑固なものとなり、一筋縄ではいかない存在になっていました。
それではいけないと思い、年末の大掃除のときに思い切っていつもは購入しない少し高価な洗剤を購入してみました。以前友人がすごく汚れが落ちると絶賛していたキッチン汚れ専用のものだったので、もしかしたらと思ったのです。
早速その洗剤をスプレーしてメラミンスポンジでこすってみると、いままでの苦労が嘘のように汚れが落ちていきます。完全に層になっている部分は流石に厳しかったですが、それ以外の部分はまるで新品のようにきれいになりました。力を入れてゴシゴシ擦るということもなかったので、あまり疲労感もありません。
正直洗剤の違いだけでこんなに結果が変わると思っていなかったので、非常に驚いてしまいました。洗剤も少し高価ではありますが容量が多いからか思ったほど減らなかったので、コストパフォマンスはかなり良いのかもしれません。なんにせよ汚れによって洗剤を使い分けることは重要なのだなと思った経験でした。