毛糸のスポンジやアルミホイルなら水だけでも汚れが落ちる

水だけを使ったシンクの水周りの汚れには、傷つけずに汚れを落とすなら毛糸のタワシが便利でした。毛糸を長方形のスポンジのような形状に編み、水を軽く濡らして軽く絞ります。そのスポンジで黒い水垢、白いカビなどの汚れを軽く擦ることで簡単に汚れが落ちます。

この毛糸のスポンジをよく乾かしたもので、水気を拭いた後のキッチンの蛇口や洗面所の蛇口を磨くとカビなどが落ち、新品の頃のような美しい蛇口になりました。毎日でなくても、周に2,3回磨くことで汚れも付きにくく、カビも生え難い蛇口になります。

また、ステンレス製のシンクを水を付けて汚れを落とす、磨いてみれば、やはりきれいな状態になります。

レンジの汚れを磨くときにも使えますし、シンクの錆び取りなどにも使えるのもいいところです。

シンクの排水口に付いたヘドロも磨くと落ちやすく、傷を付けずに綺麗にできるのでお勧めです。

水周りのヘドロ汚れには、手でクシャクシャに丸めたアルミホイルで磨くと効果敵です。水だけでもしっかり付着したヘドロを落とせました。